トップ > IR情報 > 経営情報 > 株主・投資家の皆さまへ
IR情報
株主・投資家の皆さまへ
代表取締役社長 田中滋  

株主の皆さまにおかれましては、平素より格別のご高配を賜り、厚く御礼申しあげます。

さて、第71期(2020年4月1日から2021年3月31日まで)の事業活動が終了いたしましたので、その概況についてご報告させていただきます。

当年度におけるわが国経済は、新型コロナウイルス感染症の拡大が影響し、社会・経済活動が制限されたことにより低迷いたしました。とくに年度の前半は、自動車や産業機械など関連業界において、個人消費や設備投資の減少により落ち込みが顕著となりました。後半にかけては、各種経済政策もあり世界的に経済活動が再開されたことで一部に回復がみられたものの、同感染症の収束は見通すことができず、当社グループを取り巻く環境は先行き不透明な状況が続いております。

このような経営環境のもと、当社グループにおきましては、「工具をTOKOTON究め、TRASASでつながり、安全・安心の見える化をグローバルに展開する」を基本方針に掲げ、工具事業を核とした成長戦略を展開し、収益・利益の拡大に努めてまいりました。

また、当社は2020年8月に創立70周年を迎えました。これを機にCI(コーポレートアイデンティティ)を再定義し、企業理念を象徴するコーポレートロゴ及びコーポレートカラーを見直し、書体の統一などイメージの統一を図りました。当社グループの企業理念を、統一したコンセプトで社内外へ発信し、ステークホルダーの皆さまとの価値観の共有と、従業員の意識及び行動の改革を図ってまいります。

今後も当社グループ一丸となり全力を尽くしてまいりますので、株主の皆さまには、引き続きより一層のご支援ご鞭撻を賜りますようお願い申しあげます。