トップ > IR情報 > 経営情報 > 対処すべき課題
IR情報
対処すべき課題

当社グループは、第3次中期経営計画で掲げる「安全・安心の見える化をグローバルに展開」するため、以下のような課題を設定し経営を進めてまいります。

1.TRASASシリーズの拡充、「新・工具大進化」の実現
当社グループは、今後のさらなる統合的作業管理の進展を見据え、工具や測定具にセンシングの要素を取り込み、その測定データをデバイスに送信し分析できるシステム『TRASAS(トレサス)』シリーズに対し、「ハードウエア」「ソフトウエア」「サービス」三位一体となったラインナップを拡充してまいります。これに加え「材料」や「構造・機構」に関する研究開発への取組みを通じ「より軽く、より強い」ことはもちろん「安全で、使う人と環境にやさしい工具」の製品化を通じ「新・工具大進化」の実現を目指してまいります。

2.3C営業本格展開、課題解決による販売革新展開(「もの」から「こと」へのグローバル展開)
当社グループでは、国内外ともに3C(コンサルティング・コミュニケーション・カウンセリング)営業を確立することで、「お客様の様々な問題や課題解決」に主眼を置いた営業スタイルへの変革を通じ、お客様から選ばれるベストパートナーを目指してまいります。

3.「新・工具大進化」を支えるものづくり革新、生産拠点の次世代化推進
当社グループでは、「新・工具大進化」を支えるためのものづくり革新を進めております。具体的には、独自工法、独自設備の開発、最新のロボット技術を活用した先進的な自働化、省力化設備の開発を通じ、たゆまぬ生産性の向上とコストダウンの推進に取組むほか、全社の設備監視を包括的に行うなど工場のIoT化による中枢的機能の集約などへの積極的な先行投資を行い「ものづくりの最適化」を目指してまいります。

4.当社グループの変革(成長)を支えるベースづくり(「人財育成」と「職場環境整備」推進)
当社グループでは、さまざまな変革を実現するためのベースとなる人財の育成に向けての教育制度の充実や、働き方改革を推進するとともに、快適で働きやすい職場環境を整備することで、KTCグループの成長を実現してまいります。